京和菓子の長生堂・茶房 長寿庵/京都北大路植物園前/京都市左京区下鴨上川原町22-1“今をさかのぼる大正時代、創業天保二年「長久堂」で京菓子づくりの腕と心を磨いた初代・菊次郎がのれん分けを許され、1919年(大正8年)、菊次郎は京都四条大宮に「長生堂」を創業。北大路植物園前に移転した現在もなお創業当時の一店舗主義と手づくりへのこだわりを貫いております。”

甘菓子は心と粉で好かれ味

あんにこだわる

本物の和菓子は本物の材料から

長生堂は 材料の調達に神経を注いでおります。
・丹波産小豆・備中産白小豆・波照間産黒砂糖・吉野葛・丹波寒天・本蕨粉・和三宝糖

長生堂工場

長生堂の和菓子はここから生まれております。
「長生堂の菓子」をお求めになるお客様のご期待にお応えできるよう、私どもは「ここだけ」にしかない雅な菓子づくりに日夜励んでおります。

打物部屋

もちろん、お干菓子各種も自社製造です。豊富な木型より生まれています。

有平糖部屋

室町時代に南蛮菓子としてポルトガルより伝来した有平糖も自社製造で生まれています。

ホーム|こだわり|ご案内商品紹介通信販売茶房 長寿庵